芳商物流株式会社

芳商物流株式会社へのお問い合わせ

HOME > 物流事業

物流事業

物流事業について

対応力の拡大で、
輸送の充実を形に。

 当社は、昭和58年10月21日に法人として企業活動を開始しました。現在は東京都の中央卸売市場の一つ、大田市場内に事務所を構え、自社で保有する車両約80台余による青果物に関する輸送事業や、3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)事業などを実施しています。取り扱う品目が青果物(同、加工物)が中心となるため、一言で輸送といっても、食の安全をお届けする仕事に他なりません。当社の取り組みが、お取引をいただいている関係各企業様の信頼にも影響するものと捉えているため、青果物の荷引き作業、仕分け作業、積荷、配送納品、回収など、どの工程の業務においても商品の新鮮さを損なわないよう、細心の注意を払っています。また、食品以外の商品を取り扱う部署も稼働していますので、総合的な物流フローのあり方や、事業対応の幅などについても、計画的に協議しております。自社事業に加え、お取引様の事業についても、よくよく検討とご相談を重ねることで、最適な事業スキームで運用をさせていただいています。
 今後についても、エンドユーザー様のお一人ずつに対して、お取引先様に対して、業界に対して、益々の貢献をしていけるよう取り組んでまいります。
芳商物流株式会社 物流事業部
東京都大田区東海3丁目2番1号
TEL.03-5492-3371 FAX.03-5492-3374
お問い合わせ:info-hosho@hosho-tp.co.jp

営業所について

物流事業部 千葉営業所

 千葉営業所は京葉道路武石インターチェンジより2分、東関東自動車道湾岸習志野インターチェンジより10分と首都圏全般へのアクセスが良好な立地です。事務所・車庫の総面積1000坪と施設の充実した営業所です。主な輸送業務は、日配チルド食品・青果物を大手スーパーマーケット様や、大手ファストフード店様等分野を問わず輸送業務をさせて頂いております。

 車輌は、常温専用車輌から低温専用車輌まで幅広く取り揃えており、輸送業務も365日体制で可能です。また、輸送波動にもフレキシブルに対応すべく本社営業所とも連携し、無理・無駄のない輸送管理を心掛けております。今後ともお取引先様の高いニーズに応えるべく、徹底した輸送管理のもと、安全・安心をお届け致します。
芳商物流株式会社 千葉営業所
千葉県千葉市花見川区武石町1-493
TEL.043-312-6953 FAX.043-312-6954
お問い合わせ:info-hosho@hosho-tp.co.jp

本社営業所・川崎夜光車庫

 川崎夜光車庫は、本社営業所の車庫地兼車庫点呼が取れる環境です。
車輌台数は、常時18台~20台で、日配チルド食品・青果物・衣料品・加工食品・飲料水等の大手スーパーマーケット様センター内に事務所・車庫地がございます。

 日配チルド食品輸送業務を中心に2018年より本稼働させて頂いております。
また、輸送波動にもフレキシブルに対応すべく本社営業所とも連携し、無理・無駄のない輸送管理を心掛けております。

 今後ともお取引先様の高いニーズに応えるべく、本社営業所・千葉営業所同様に、徹底した輸送管理のもと、安全・安心をお届け致します。
本社営業所・川崎夜光車庫
神奈川県川崎市川崎区夜光3丁目2番3号 DPL川崎夜光
お問い合わせ:info-hosho@hosho-tp.co.jp

3R事業について

3R(スリーアール)とは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称です。

必要不可欠な作業として、
専属人員で実施。

 青果物の仕分けに使うコンテナー。大田市場内で見かけない日はありません。農産物の輸送になくてはならない作業用什器に位置づけられる製品で、その回収業務を、大手コンテナーレンタル会社より請け負い、当社が実施しています。納品を終えたコンテナーを、市場のあらゆる場所から回収して、日々コンテナーを利用する方々が気持ちよく使えるように様々な工夫をしています。毎日使う折り畳みコンテナーなので、組立て時にガタつきがないか、ひび割れはないかなど、コンテナー1点ずつの不具合確認を怠りません。また、産地から届いた新鮮な青果物には、土が付着していたりすることも。当然、輸送に使うコンテナーにも、自然と土などがついてしまいます。大田市場コンテナー回収センターで回収、製品化後、市場内にレンタルをおこない農産物流のeco活動に取り組んでいます。

大田市場コンテナー回収センター
東京都大田区東海3丁目8番3号
お問い合わせ:info-hosho@hosho-tp.co.jp